2014年03月20日

柏尾通り大山道 その1 02

柏尾追分をスタート。
意外にも民家があって旧道らしい道幅。
東海道を歩いた時は京に向かって左側を歩いていたので、不動堂を見るのは初めて。
画像
不動堂には不動明王が乗った大山道道標が置かれています。
正徳3年(1713)製で「是よ里 大山道」と刻まれています。
このお不動さまが乗る道標+お堂の前にある大山道道標3基を含む、計4基の道標が柏尾の大山道道標として、市登録地域史跡となっています。
残り3基の道標は、東海道側から、
・明治5年(1872)製の「従是大山道」、
・寛文10年(1670)製の橋供養塔で「従是大山路」、
・享保12年(1727)製の「右江大山道」。
道標の他にも、「雨降山」(あぶりさん〜大山の別名)と刻まれた元治2年(1865)製の常夜灯があります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180559373

この記事へのトラックバック