2014年04月12日

柏尾通り大山道 その1 04

大山跨線橋北側交差点で県道401号に合流すると阿久和川に架かる富士橋。
案内板によると、ある年の洪水で橋が流され、甲斐国の猿橋の古材で修復したとあります。
恩義に感じて橋名を猿橋としたけど、いつしか富士橋と呼ばれるようになったそうです。
さっきの不動堂の前にあった橋供養塔に「名瀬矢部猿橋」と刻まれているので、
江戸時代の初めはまだ猿橋です。
しかし、富士橋の西側に小高い山があるので、ここから富士山は見えません。
何で?富士橋になったんだろう。
画像

柏尾追分は京に向かってY字路になっているので、戸塚宿からだと遠回り。
不便だな〜と思っていたら、歌川広重『戸塚 元町別道』でお馴染みの吉田大橋から近道があり、この富士橋で合流します。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180559375

この記事へのトラックバック