2015年09月21日

柏尾通り大山道 その1 31

泉区総合庁舎東側交差点から南下する路地に石仏群。
画像
まずは蚕御霊(かいこごりょう)神塔。
明治11年(1878)製の蚕霊(さんれい)供養塔で市登録地域有形民俗文化財となっています。
この地域は明治時代に養蚕が盛んでした。
慶応2年(1866)霜害のために桑が枯れ、蚕を育てられなくなり、蚕を地中に埋めたことが刻まれています。
大事なお蚕さまが生き埋めに!(>_<)
この供養塔は道標を兼ねていて、左面に「☞大山道」と刻まれています。
その隣が万延元年(1860)製の庚申道標。
左面に「右 大山道/左 藤澤道」と刻まれています。
石仏群の前を通る路地が藤沢道だけど、藤沢までの道筋はよく分からない。

石仏群の後ろに神明社。
狛犬もいない小っちゃい神社だけど、泉小次郎伝承地で市登録地域史跡。
泉小次郎親衡(ちかひら)の館の鬼門よけらしい。
そして、社の横にある路地は、長後街道の旧道である戸塚道の追分。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180559402

この記事へのトラックバック