2016年03月18日

柏尾通り大山道 その1 42

丁字路を右折すると、斜めに長後街道を横切り、旧道が長後街道の右側に蛇行しています。
画像
歩いている時は気がつかなかったけど、長後街道を振り返ると、旧道側に新倉呉服店があります。
駅前や繁華街ではない住宅地にある呉服店なら古くからのお店だろう、今は長後街道側に玄関があるけど以前は旧道側に入口があったんだろう、などと妄想して、後日訪れてみました。(^-^;
残念ながら、創業は戦後で、長後街道がメインストリート。
ご主人は高齢の方で、大山道を調べていると話したら、お店の裏が旧道で、境川の橋はもっと上流にあったと教えてくれました。
しかも、新道(長後街道)の高鎌橋ができた後も、旧道の千束橋はしばらく架かっていたそうです。
これはイイ情報。
ありがとうございます。

さて、右に蛇行する旧道はそのあと左カーブして長後街道に合流。
その手前の角に宝暦4年(1754)製の庚申塔がひっそりと佇んでいます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180559413

この記事へのトラックバック