2018年12月02日

八王子通り その4 箱根ヶ崎〜八…

昨日八王子通り大山道その4を歩きました。\(^-^)/
その3が昨年12月なので、1年ぶりの大山道歩きです。
昨年歩いた奥州街道が5回で終わる予定だったので、その前後に八王子通り大山道を組み込んで、その1とその2を奥州街道の前に、その3とその4を奥州街道が歩き終わって今年の甲州街道の前に歩くつもりでした。
しかし、予習と本番の日程調整がうまくいかず、その4だけ取り残されていました。
ようやく歩けてホッとしています。

その4の行程は、交通機関だと箱根ヶ崎駅から八王子駅まで。
歩いた距離は寄り道含めて24.2km、7時間55分の旅。
歩数は29,902歩。

横田基地で消滅した旧道の迂回路からスタートして、国道16号の歩道歩き。
瑞穂町から福生市になると、鈴木英人のイラストが似合うウェストコーストっぽい街並み。
国道16号もここだけは「R16」という表記でいっぱい。
街道歩きで音楽を聴くことはないですが、聴くならもちろん大滝詠一だね〜。
o181202a.jpg
(振り向いて撮った写真です)

福生市から昭島市になると、今回唯一の宿場である拝島宿。
R16から離れて都道を進みます。
神社仏閣が多く、約1kmほどの宿場を1時間40分かけて堪能しました。
そのうちの35分は大正3年(1914)創業の元木屋さんの訪問です。(^-^;
o181202b.jpg
(日吉神社の門前)

元木屋さんのお菓子「拝島の渡し」を入手して、渡し跡でいただこうと思ったら碑が見つからず、拝島橋を渡って加住(かすみ)丘陵を上る手前で、コンクリブロックに腰掛けてひと休み。
河岸丘の峠越えは国道16号の歩道歩き。
車を通すために切り通しになっており、山道だけど旧道の面影はありません。
思いがけず街路樹がイチョウで、ちょうど黄葉しているので目が楽しめました。
o181202c.jpg

谷地川の低地を下りて、昼食後に加住丘陵のもうひとつのピークひよどり越えがあります。
下り坂の稲荷坂で旧道は国道16号を横切るのですが、国道16号の拡幅工事で旧道が蛇行している痕跡がかなり壊されていることを知って、残念な気持ちになりました。
o181202d.jpg

後は国道16号の歩道歩き。
いくつかの神社仏閣に立ち寄って甲州街道八王子宿の道路元標がある交差点でゴール。
o181202e.jpg
八王子通り大山道は、今回のその4で全8回の行程を終え、これにて踏破となります。
ちょうど10年前の2008年に、八王子を起点としてその5〜8を歩いているんです。
当時はまだ中山道を歩いておらず、起点の熊谷がものスゴく遠く感じたのと、道筋を調べるスキルが今ほどなく、八王子起点となりました。
踏破したものの、大山が全く見えない場所なので、ちょっと気持ち悪い。(^-^;
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 大山道歩き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185113975

この記事へのトラックバック