2017年03月20日

八王子通り その2 東松山〜武蔵…

昨日八王子通り大山道その2を歩きました。\(^-^)/
今回は東松山市箭弓(やきゅう)稲荷神社一の鳥居から日高市の武蔵高萩駅まで。
歩いた距離は寄り道含めて26.4km、8時間の旅。
歩数は33,961歩。
地図で計測すると18.1kmだったのに、ずいぶん寄り道したね〜。(^-^;

今回のルートは消滅してしまったところが何カ所かあります。
土地改良で一面の田んぼとなったところ、川の改修で河原が公園になったところ、住宅地になったところ、などなど。
o170320a.jpg
(東松山市下野本)

今回は大山灯籠が街道沿いに2基、寄り道して1基ありました。
道標はいくつかありましたが、八王子の地名は出てくるものの、大山の地名はまだ出てきません。
高坂宿に大きめの八王子道道標があるんですが、原位置から移動させられていたのでビックリしました。
o170320b.jpg
(東松山市高坂)

東松山市から坂戸市・鶴ヶ島市・日高市を歩きましたが、坂戸市・鶴ヶ島市・日高市は初めて訪れた地。
往時は坂戸市に坂戸宿、日高市に高萩宿がありました。
もう宿場の面影はありませんが、わずかだけど古い建物や蔵が残っています。
o170320c.jpg
(坂戸市三光町)

さて、今回は街道歩きでは珍しく、友人とすれ違うという、めったにないイベントがあって楽しめました。
八王子通り大山道は東松山からは日光千人同心街道を南下しているんですが、その千人同心街道を日光に向かって北上している☆丸さんと会いました。
当日に☆丸さんが千人同心街道の3日目を歩くのは知っていましたが、どこですれ違うのかドキドキハラハラ。
3年前、中山道下諏訪宿と木曽路をむすぶ「初期中山道」を歩いた時に、初対面のにゃおすけさんと出会いましたが、なかなかないことなので楽しめました。
☆丸さんは北坂戸駅をスタートして、おらと高坂宿ですれ違った後、秩父鉄道行田市駅まで歩いたそうです。o170320d.jpg
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 大山道歩き

2017年01月22日

八王子通り その1 熊谷〜東松山

おらの街道ブログでは「1日中、山道。」「日光街道ヘロヘロ旅」の2つのブログが歩いた時の報告をしていました。
当ブログでは「街道てくてくMANIAX」の一部だったので、今まで歩いた時の報告をしていなかったけど、ブログを新設したことだし、これから同じように歩いたら報告することにします。(^-^;

ということで、昨日八王子通り大山道その1を歩きました。
中山道熊谷宿から甲州道中八王子宿を通り大山へ向かう街道です。
実は9年前の2008年に八王子〜伊勢原を4回に分けて歩いています。
当時はまだ中山道を歩く前で、熊谷宿がものスゴ〜く遠くに感じたんです。
しかし、八王子通りは熊谷起点と、ずっと気にしていました。
中山道を踏破した今、身近な存在となった熊谷宿からいよいよ出発!

今回は熊谷宿鎌倉町交差点から松山宿箭弓(やきゅう)稲荷神社一の鳥居まで。
歩いた距離は寄り道含めて21.8km、7時間15分の旅。
歩数は27,945歩。
地図で計測すると14.4kmだったのに、ずいぶん寄り道したね〜。(^-^;

中山道熊谷宿の熊谷市道路元標がある鎌倉町交差点をスタート。
今回のルートはおおむね国道407号と埼玉県道66号で味気ない歩道歩きが続きますが、所々に蛇行していた旧道跡があるので思いのほか楽しく歩けました。
おらは熊谷から八王子へと南下して歩いているけど、一般的には八王子から北上して「日光千人同心街道」として歩く旅人の方が多いです。
東松山の松山宿で日光千人同心街道と合流します。
o170122a.jpg
(右に旧道)
o170122b.jpg
(左に旧道)

東松山市北部は初めて訪れる場所であまり寄り道する所はないだろうと思いきや、比企丘陵は住みやすかったのか?古墳が点在しています。
珍しいので3カ所も立ち寄ってしまいました。(^-^;
o170122c.jpg
(楓山古墳で前方後円墳らしい)

道中で事件が発生!
スマホとモバイルバッテリーをつなぐケーブルを落としてしまってさあ大変!
もうツイートしながら歩けないな〜と思ってスマホの電源を切って少し歩いたら、セブンがあったので寄ってみると、何と!ケーブルを売っている!
迷わず買ったものの、自宅に短めのケーブルが2本もあるので、予備で持って来ておけばヨカッタのに。
教訓になりました。(^-^;

終点は昨年「松山稲荷道」以来1年ぶりの箭弓稲荷神社。
東松山名物の豚肉の焼き鳥で完歩いして旅の終了です。o170122d.jpg
(ひびき東松山駅前本店で完歩い)
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 大山道歩き