2014年09月09日

柏尾通り大山道 その1 19

桂坂公園の「桂坂」の由来碑によると、この辺りは大山道が長い坂道に差しかかるところ。
地区のシンボル・ツリーとして街路樹に桂の木を植えたので、この地区を「桂坂」と呼ぶことにしたんだって。
えー!そんな安易ことで地名が決まっちゃうのぉ?(◎o◎)
そんなことなら、おらの住んでいる地区は、おらの大好きなバオバブの木を植えてもらって、地名を「バオバブが丘」とかにしてほしいな〜。
画像
ちなみに、西田谷の「西田」は、往時の中心地:岡津村から見て西にある田んぼ。

2014年08月22日

柏尾通り大山道 その1 18

車も通らず気持ちのイイ旧道を歩いていると、突然コンクリートの壁が!(◎o◎)
画像
住宅地が現れて行き止まり…と思いきや、小山の縁を進んできた旧道はここで直角に右折して、向かいの小山にぶつかり左折…するはずだったけど、桂坂公園の入口付近で旧道はその小山ごと消滅。
ここは相模鉄道が大規模造成で開発した弥生台住宅地区。
往時は西田谷(にしだやと)と呼ばれ、コンクリの壁の奥まで谷が入り込んで、里山の風景が広がっていました。
しかし、山は削られ谷は埋められ、一変してニュー・タウンとなっています。

2014年08月21日

柏尾通り大山道 その1 17

左カーブすると柏尾通り大山道の案内板があり、その隣りに双体道祖神&地神道標があります。 画像 道標は安政2年(1855)製で、台座の右面に「下り かしを道 上り 大山道」と刻まれています。 この「上り」「下り」は、京に対する上り下りではなくて、坂道の上り下りです。

2014年08月18日

柏尾通り大山道 その1 16

旧道を進むと、左手が永明寺の裏山で右手が住宅地。
今まで川沿いの遊歩道や県道の歩道を歩いていたので、旧道らしい風景にホッとする…ってゆーか、もし目隠しされて連れてこられたら、ここが横浜市内って思わないかも?(^-^;
画像

2014年08月12日

柏尾通り大山道 その1 15

別院からはす向かいの路地を入ると永明寺(ようめいじ)の本寺。
画像
天文11年(1542)太田道灌の孫という岡津郷領主太田宗真の開創。
祖父道灌の菩提を供養するために道灌を勧請開基したそうです。
大正12年(1923)関東大震災で裏山と堂宇が崩壊し、阿久和川の近くに移転。
平成4年(1992)諸堂が落成して旧地に戻ったといういきさつがあります。
一時期移転していた場所というのが、お不動さまが乗った道標のある別院です。

永明寺本寺の向かいには御嶽社と白山社が祀られています。
永明寺の山門を撮るために神社の石段を上ったんだけど、30段以上もあるのでキツい…。

2014年08月11日

柏尾通り大山道 その1 14

不動橋を渡ると永明寺(ようめいじ)別院。
門前にお不動さまが乗った庚申道標が建っています。
画像
享保10年(1725)製で、正面にデッカく「大山道」、右面に「右ほしのやみち」と刻まれています。
元は不動橋にあったもので、富士橋から阿久和川沿いに進んできた旧道は、不動橋を渡り南西に向かう大山道と、そのまま阿久和川左岸を進むほしのや道と分かれます。
庚申道標の隣りには出羽三山供養塔もあります。

2014年08月07日

柏尾通り大山道 その1 13

なくなった岡津橋の代わりに?現在の阿久和川には新岡津橋があり、その次の橋が不動橋です。
しかし、不動橋を渡る前にまた寄り道。
県道を挟んで正面の山を突き当たり、左に進むと橋名の由来となった不動堂があります。
さらに竹やぶの中を進むと、お堂の奥に…ってゆーか、向導寺の裏山に、何と!富士塚!
画像
今まで知らなかったけど、こんな所に富士塚があるなんて、感激!

2014年08月01日

柏尾通り大山道 その1 12

西林寺から白百合団地入口交差点に戻る。
往時の旧道は、さっきの富士橋から阿久和川の右岸を通って、岡津橋で左岸に移りました。
しかし、阿久和川は改修され河道が変わり、岡津橋もなくなりました。
仕方がないので、白百合団地入口交差点のある新宮前橋で阿久和川の左岸に移り、県道401号で不動橋まで進みます。
なくなった岡津橋の名はバス停に残るだけで、近くに岡津橋のたもとにあったと思われる双体道祖神が静かにたたずんでいます。
画像

将来この県道401号瀬谷柏尾線は、県道218号弥生台桜木町線と重なり、4車線道路になる予定です。
また景観が変わってしまう。(>_<)
景観といえば、さっきの富士橋では富士山は見えないけど、この付近では富士山も大山も見えます。
ただし、冬晴れの日じゃないと。

2014年07月24日

柏尾通り大山道 その1 11

西林寺の境内には出羽三山供養道標が置かれていて、右面に「東 かまくら/ぐめうじ/江戸 道」、
左面に「西 阿つき/ほしのや/八王子 道」と刻まれています。
画像
ぐめうじ道&ほしのや道は坂東三十三箇所の巡礼道で、第14番の弘明寺(ぐみょうじ)と第8番の星谷寺(しょうこくじ〜星の谷観音)を結んでいます。
この巡礼道は柏尾通り大山道と重なっていて、柏尾追分からこの先の不動橋まで同じ道のり。

※道標の「ぐめうじ」「阿つき」は弘明寺・厚木です。

2014年07月18日

柏尾通り大山道 その1 10

ここでまた寄り道。
白百合団地入口交差点を左折すると西林寺(さいりんじ)。
長禄4年(1460)年の開創で、樹齢160年というシダレザクラが市の古木名木に指定されています。
ソメイヨシノは満開だけど、枝垂れ桜は開花が早いみたいで、残念ながら、だいぶ散っています。(>_<)
画像